国立国語研究所
 
 

「梵天」の検索機能:品詞列検索

 「品詞列検索」は一語一語に付いている品詞などの形態論情報に基づき、調べることのできる検索方法です。

検索の手順

  1. 品詞列検索では、はじめに「品詞列検索」タブをクリックする。

  2. 緑色のボックス内に検索したい語の形態論情報を入力する。

  3. 複数の語の組み合わせを検索したい場合は、緑色のボックスの両サイドにある「+」を押して、ボックスを増やすことができる。

  4. 「URLドメイン」を指定したい場合は、末尾2パート(第2レベルドメイン)を入力する。
  5. 検索したい情報をすべて入力したら、「検索」ボタンを押す。
  6. 検索結果が「検索」ボタンの下部に表示される。
    件数が50件以上ある場合の検索結果は、1~50件のみが表示されている。
    ※画面の下部に次の50件へ進む「次へ」リンクが表示される。

単語ボックスについて

 単語ボックスは、ひとつのボックスにつき、ひとつの単語の情報を入力します。各入力欄について説明します。

語の位置関係

 これはKWICの中心となる位置を0とした語の文内相対位置範囲を表します。"0-0"は中心語そのものを表します。"m-n"ならば、中心語(+m)語目~(+n)語目(m ≤ n)の位置にその語があることを示します。このエディットボックスには自由に数字を入力することが可能ですが、"2-1"など間違った条件を入力するとマッチする語がないという結果になりますので注意してください。

品詞情報

キーの種類意味
表層形 語形を表現する表記の形(コーパスに出現した形)
品詞1 〈大分類からの選択式〉 例:名詞
品詞2 〈中分類からの選択式〉 例:固有名詞
品詞3 〈小分類による選択式〉 例:人名
品詞4 〈小分類による選択式〉 例:姓
活用型 〈選択式〉 例:五段-カ行
活用形 〈選択式〉 例:連用形-一般
語彙素読み 語彙素の現代仮名遣い読み ※ 全角カタカナで入力
語彙素 語彙の意味を示す・現代語の標準表記 ※ 漢字平仮名交じりで入力

検索の注意点

 品詞列検索は「語の境界」や「語の形態論情報」を理解している必要があります。

例:ダメぽ

 例えば文字列「ダメぽ」を検索する場合、「ぽ」が接尾辞であることに注意し、<表層形>欄へ図のように入力します。

 検索結果ボックスの上部にNWJC内に何件の表層形「ダメぽ」という条件に合致する「文」があるか(「353件の結果が見つかりました」)を表示します。 この場合、「ダメぽ」という表記に該当する353件しか検索できません。

「ダメぽ」だけでなく「駄目ポ」「駄目ぽ」「だめぽ」「だめポ」「ダメポ」といった異なる表記を同時に調べたい場合は、<語彙素>欄を活用します。 語彙素「駄目」と語彙素「ぽい」を入力して検索すると、以下のような結果が表示されます。 この場合は「駄目/だめ/ダメ」+「っぽい/ッポイ...etc.」が検索結果として返ってきます。

 
 
event
unidic_bnr

日本語をはじめとする言語を分析するための基礎資料として、書き言葉や話し言葉の資料を体系的に収集し、研究用の情報を付与したものです。