国立国語研究所
 
 

「梵天」の検索機能:係り受け検索

 「係り受け検索」は、文節と文節との係り受け関係を用いて調べる検索方法です。

検索の手順

  1. 係り受け検索では、はじめに「係り受け検索」タブをクリックする。

  2. 緑色のボックス内(1文節を表わす)の灰色のボックス(1語を表す)に検索したい語の形態論情報を入力する。

  3. 同文節内の複数の語の組み合わせを検索したい場合は、緑色のボックス【内】にあるプルダウンメニューから「+」を選択すると、単語ボックスを増やすことができる。


  4. 複数の文節の組み合わせを検索したい場合は、緑色のボックス【外】にあるプルダウンメニューから「+」を選択すると、単語ボックスを増やすことができる。


  5. 「URLドメイン」を指定したい場合は、末尾2パート(第2レベルドメイン)を入力する。

  6. 検索したい情報をすべて入力したら、「検索」ボタンを押す。
    検索結果が「検索」ボタンの下部に表示される。 件数が50件以上ある場合は1~50件のみが表示され、画面の下部に次の50件へ進む「次へ」リンクが表示される。

ボックスについて

色つきボックスは、ひとつのボックスがひとつの文節を表します。色つきボックスの中の灰色のボックスは、ひとつのボックスにつき、ひとつの単語の情報を入力します。
各入力欄について説明します。

文節ボックス

色つきボックス(初期値は緑)が1文節を表します。
ボックスの追加は、ボックスの外側にあるを押して行います。選択肢となる記号の意味は以下の通りです。

[^]: 文頭
[+]: 文節ボックス追加
[<]: 文節ボックス追加かつ文節の順序指定
[-]: 文節ボックス追加かつ直後
[$]: 文末

文節ボックスの左肩にある数字は、文節IDです。空欄には、当該文節の係り先となる文節IDを記入します。



文節ID「0」が文節ID「1」にかかるという条件で検索したい場合、以下のように記入します。




単語ボックス

文節ボックス(色つきボックス)の内側にある灰色ボックスが1語を表します。
ボックスの追加は、ボックスの外側にあるを押して行います。選択肢となる記号の意味は以下の通りです。

[^]: 文節頭
[+]: 単語ボックス追加
[<]: 単語ボックス追加かつ単語の順序指定
[-]: 単語ボックス追加かつ直後
[$]: 文節末


 
 
event
unidic_bnr

日本語をはじめとする言語を分析するための基礎資料として、書き言葉や話し言葉の資料を体系的に収集し、研究用の情報を付与したものです。