Universal Dependencies シンポジウム
Symposium for Universal Dependencies Japanese

開催趣旨

Universal Dependencies は国際的に協調して,言語横断的(共時・通時)な基準で 依存構造に基づくツリーバンクを作成するプロジェクトです。 国立国語研究所コーパス開発センター共同研究プロジェクトでは,言語学・工学研究者を集め、 日本語の Universal Dependencies の整備を行うとともに, Universal Dependencies 本体に対するさまざまな活動を進めてきました。

本シンポジウムでは,共同研究プロジェクトに参加する研究者より 日本語 Universal Dependencies に関するさまざまな話題提供を行います。 ふるってご参加ください。

開催案内

  • 日 時:2019年9月4日(水) 13:00~17:00
  • 会 場:国立国語研究所 2階 講堂
         東京都立川市緑町10−2(アクセス

       ■ JR「立川駅」まで: JR中央線「東京駅」から快速で約50分
       ■ JR「立川駅」から:
        ○ 多摩モノレール「立川北駅」乗車(約3分)「高松駅」下車,「高松駅」より 徒歩約7分
        ○ 立川駅北口バスのりば2番から乗車(約5分)「自治大学校・国立国語研究所」下車
        ○ JR「立川駅」より徒歩約20分
  • 参加費:無料
  • 主 催:国立国語研究所 コーパス開発センター

事前参加登録(~8/28(水)23:59(JST))

参加お申し込みは下記リンク先のフォームよりご登録ください(言語資源活用ワークショップ2019 と共通です)

言語資源活用ワークショップ2019 事前参加登録フォーム

9/4(水)プログラム

13:00-13:30 趣旨説明 Universal Dependencies の概要
浅原 正幸(国立国語研究所)
13:30-14:10 Universal Dependencies における日本語
金山 博(日本IBM)
14:10-14:20 休憩
14:20-15:00 Universal Dependencies に基づく言語学研究の射程
伊藤 薫(九州大学)
15:00-15:40 統語的語の認定問題
村脇 有吾(京都大学)
15:40-15:50 休憩
15:50-16:20 現代日本語書き言葉均衡コーパスのUniversal Dependencies ─UD Japaneseコーパスの一例─
大村 舞(国立国語研究所)
16:20-17:00 GiNZAで始める日本語依存構造解析 - CaboCha, UDPipe, StanfordNLPとの比較
松田 寛(Megagon)

発表タイトルは変更になる場合がございます。

コーパス利用申込

「中納言」利用申込

copusmenu_title

  • 現代日本語書き言葉均衡コーパス
  • 日本語話し言葉コーパス
  • 日本語歴史コーパス
  • 近代語のコーパス
  • 国語研日本語ウェブコーパス
 
 

event

lrw

blank_title

unidic_btn

chamame_btn

trycopus_title

syonagon_btn

chunagon_btn