言語資源活用ワークショップ:優秀発表賞

言語資源活用ワークショップでは 2017年以降、 全著者が学生の発表に対して、発表者・参加者の互選に基づく優秀発表賞を設定し表彰しております。

言語資源活用ワークショップ 2020 優秀発表賞受賞者
外来語サ変動詞における日本語母語話者の許容状況 ―I-JASに基づく例文を用いた調査から―
南 亜希子(金沢大学:学生)
言語資源活用ワークショップ 2019 優秀発表賞受賞者
文を包摂する名詞の形式的な特徴に関する考察
泉 大輔(東京外国語大学:学生)
言語資源活用ワークショップ 2018 優秀発表賞受賞者
日本語wikipediaを用いた慣用句の構成性の数値化
岡田 優也(関西学院大学:学生)
言語資源活用ワークショップ 2017 優秀発表賞受賞者
近代漢語の品詞性にみる多様性の画一化
間淵 洋子(明治大学大学院:学生・日本学術振興会)

コーパス利用申込

「中納言」利用申込

copusmenu_title

  • 現代日本語書き言葉均衡コーパス
  • 日本語話し言葉コーパス
  • 日本語歴史コーパス
  • 近代語のコーパス
  • 国語研日本語ウェブコーパス
 
 

event

lrw

blank_title

unidic_btn

chamame_btn

wlsp_btn

trycopus_title

syonagon_btn

chunagon_btn

kotonoha_btn