『中納言』授業用アカウントのご案内

『中納言』を日本国内の小中高等学校(専門学校を含む)・大学・大学院などで授業で利用する際に、一括して期間限定のアカウントを発行することができます。

授業用アカウントの概要

本サービスは、教育・学術研究を目的とした機関・組織により日本国内で行われる授業に対して、一括して期間限定のアカウントを発行するものです。

  • 「授業実施者」は、日本国内の ac.jp もしくは ed.jp ドメインを持つ、日本国内で行われる授業(ゼミ・研究会・講習会を含む)を担う方に限定します。
    ac.jp もしくは ed.jp ドメインのメールアドレスからの申請のみ受け付けます。ac.jp もしくは ed.jp ドメインのメールアドレス以外の申請は棄却します。
  • 「授業受講者」は、「授業実施者」の責任のもとに日本国内で『中納言』を期間限定で利用できます。
  • 授業用アカウントの利用に係る料金は無償とします。
  • 日本国外では利用できません。

利用可能なコーパス

利用可能なコーパスは 2020年3月現在以下の通りです:

  • 『現代日本語書き言葉均衡コーパス』
  • 『国語研日本語ウェブコーパス』(『梵天』での利用)
  • 『日本語話し言葉コーパス』
  • 『日本語日常会話コーパス』
  • 『昭和話し言葉コーパス』
  • 『名大会話コーパス』
  • 『現日研・職場談話コーパス』
  • 『日本語歴史コーパス』
  • 『日本語諸方言コーパス』
  • 『多言語母語の日本語学習者横断コーパス』

設定可能な利用期間

実施する授業の期間に応じて、以下の4種類の利用期間が設定可能です:

  • 1日体験用 (授業開始日から2週間有効)
  • 集中講義用 (授業開始日から1ヶ月半有効)
  • 半期授業用 (授業開始日から9ヶ月有効)
  • 全期授業用 (授業開始日から15ヶ月有効)

授業実施者が有償版契約者の場合

『現代日本語書き言葉均衡コーパス』有償版契約者は、有償版契約者向けのデータダウンロードの権利を、購入者の責任のもとに授業受講者に付与することができます。

『日本語話し言葉コーパス』有償版契約者は、有償版契約者向けの音声配信機能を利用する権利を、購入者の責任のもとに授業受講者に付与することができます。

授業用アカウントの申請方法

授業用アカウントの申請方法は、以下の3ステップからなります:

  • 1. 授業用アカウント発行権限付与手続き(最初に1回)
  • 2. 授業用アカウント発行手続き(授業ごとに)
  • 3. 授業用アカウントの受け取り

授業用アカウント発行権限付与手続き(最初に1回)

https://chunagon.ninjal.ac.jp/useraccount/addCourseLicenseから、利用規約を確認の上、「規約に同意して利用を申請する」にチェックを入れて、[Submit]をクリックしてください。

こちらの審査におよそ 5営業日かかります。

授業用アカウント発行手続き(授業ごとに)

https://chunagon.ninjal.ac.jp/courseform/registerから、必要事項を記入して申請してください。

こちらの審査におよそ 5営業日かかります。

授業用アカウントの受け取り

『中納言』の授業での利用申請が承認された場合に、メールが届きます。

『中納言』にログインし、「講義での利用情報一覧」から承認された授業の[詳細を見る]ボタンをクリックしてください。

[授業用アカウント情報をダウンロードする]をクリックすると、暗号化された zip ファイルが得られます。同時に zip ファイルのパスワードがメールで届きます。

zip ファイルを解凍すると、pdf ファイルが得られます。pdf ファイルは1ページが1人分のアカウント情報になっておりますので、授業受講者1人に1枚ずつ配布してください。

授業終了後のアカウントの取り扱いについて

授業終了後、「利用期間」を過ぎたアカウントは無効になります。同時に「授業受講者」の検索履歴は消去されます。検索履歴の保全が必要な場合は、検索履歴のダウンロード機能をご利用ください。

コーパス利用申込

「中納言」利用申込

copusmenu_title

  • 現代日本語書き言葉均衡コーパス
  • 日本語話し言葉コーパス
  • 日本語歴史コーパス
  • 近代語のコーパス
  • 国語研日本語ウェブコーパス
 
 

event

lrw

blank_title

unidic_btn

chamame_btn

wlsp_btn

trycopus_title

syonagon_btn

chunagon_btn

kotonoha_btn