English 国立国語研究所
 
 

お申し込みに関するQ&A

利用申請について

Q: 海外に住んでいますが、申し込むことができますか。

A: できます。どこに住んでいても申し込めます。


Q: 電話での申込み、お問い合せはできますか。

A: ご利用申請はWEBからお願いいたします。
   お問い合わせは電子メールで、下記宛先にお願いいたします。    

   問合せ先:kotonoha@ninjal.ac.jp


Q: 契約の自動更新のたびに使用料を払う必要があるのでしょうか。

A: 必要ありません。将来大幅なバージョンアップをおこなわないかぎり、最初に1回お支払いいただくだけです。


Q: 請求書の他に納品書も必要なのですが発行してもらえますか。

A: 納品書はコーパス発送時に同封いたします。


Q: 見積書が必要なのですが発行してもらえますか。

A: 対応いたしますので、申込時にその旨をお知らせください。
   利用申請前に必要な場合は、その旨、公開担当窓口までメールでご請求ください。


Q: コーパスの送り先と請求書の送り先を別にしてもらえますか。

A: できます。ご利用申請時に申込フォームへ必要な情報を入力してください。


Q: 組織で有償版を購入します。「利用者」「事務担当者」「契約者」の欄には誰を入力すればよいでしょうか。

A:
   「利用者」:コーパスの利用管理責任者です。
   「事務担当者」:コーパスの契約に関する書類を授受する方です。利用者と同じでも差し支えありません。
   「契約者」:契約書の乙欄に記載される方です。契約権限のある方(お役職)にしてください。
   詳しくは、 『現代日本語書き言葉均衡コーパス』DVD版ご契約の方々へのご案内を参照してください。


   

Q: 海外にいるため、ハンコがありません。サインでよいでしょうか。

A: そのような事情の場合はサインでかまいません。


Q: 図書館ですが、DVD版を契約して利用者に貸し出したりすることはできますか。

A: できません。


利用申込区分について ― 企業 ―

Q: 企業の研究所に勤務していますが、利用申込区分を「アカデミック」として申請できますか。

A: できません。私どもが「アカデミックな研究機関」として想定しているのは、高等専門学校、短期大学、大学、大学院、独立行政法人、国公立試験研究機関、公益法人など、多少とも公的性格をもつ機関です。


Q: 共同開発チームに子会社所属の者がいます。ライセンス契約は各々で必要ですか。

A: 1つの開発研究チーム内であれば、子会社所属の方でも同一のライセンスを使用できます。
   ただし、管理責任者が明確にされており、管理責任者が管理可能な範囲でご使用いただける場合のみ許可しております。申込フォーム入力時に、具体的な使用範囲(使用部署、使用人数等)を記載してください。所内で検討し、許諾の可否を判断いたします。


Q: 1ライセンスにつき、以下のような利用法は可能ですか。

       
  • メディアからHDDへのコピー(複製)
         実験等をする場合は利便性を考えてHDDへコピーして使用すると予想されます。
  •    
  • データのフォーマット変換(改変)
         実験等のためにフォーマットを変換して使用することが予想されます。
  •    
  • 複数のPCからのデータへのアクセス(パソコン間の送信行為)
         複数のPCから別のPC上にあるデータへアクセスすることが予想されます。
  •    
  • 複数の人のPCへのコピー

A: 契約書で許可された範囲で利用するのであれば、すべて可能です。


利用申込区分について ― アカデミック―

Q: 勤務先の大学には「研究室」という単位がありません。「研究科」としての申請は可能ですか。

A: それが最小の単位であれば、研究科としてご申請ください。利用者の氏名欄には、実際にご利用になるコーパスの利用管理責任者のお名前で申請し、利用する人の範囲(xxゼミ、△△人等)を申請フォームに記載してください。


Q: 「アカデミック」(研究室等利用)として申し込む場合、利用者となる「その単位を代表する個人」とは、所属機関において正式に代表者として認められている者でなくてはならないでしょうか。

A: 大学の場合、研究科長、学部長などの名前で申請する必要はありません。実際にご利用になるコーパスの利用管理責任者のお名前で申請してください。契約名義は契約権限のある方にお願いします。


Q: 「アカデミック」(研究室等利用)としての利用申請を考えていますが、申込書中の利用者が他機関に異動した場合は、どうなるのでしょうか。

A: 「アカデミック」(研究室等利用)の利用管理責任者の所属に異動が生じた場合は、研究室等を引き継ぐ後任の主宰者へ利用権を引き継ぐことができます。その際は、新たな管理責任者となる主宰者のお名前をお知らせください。また、異動された先生が継続利用を希望なさる場合は、新規にお申し込みください。


Q: 指導している大学院生に、このコーパスを使わせることは可能ですか。

A: 利用契約を締結している研究室に所属する大学院生は利用できます。ただし、申込書に学生の指導に使用する旨を記載してください。


Q: 大学の学部生ですがDVDアカデミック版を申込みできますか。

A: 個人利用であれば、学部生 /研究生、修士課程・博士課程の学生いずれも申し込むことができます。


利用申込区分について ― 商業利用 ―

Q: 企業で利用する場合、一般利用の範囲がどこまでなのかよくわかりません。

A: 明確な線引きをすることは非常に困難ですが、以下のように考えてください。
   商品開発に利用せず、企業で基礎研究を主目的とした機関で利用される場合に一般利用でのお申込みになります。
   商品開発の可能性がある場合には、商業利用で、利用成果物の公開可能性有でのお申込みをお勧めしております。
   一般利用で申込みされた時点では商品化予定なしで、その後商品化を進める段階にいたった場合には、必ず国立国語研究所にご連絡ください。契約を切り替えることはできませんので、改めて商業利用でお申込みいただき、商品の概要等を踏まえ、商業利用の可否を審査させていただきます。新聞記事のサンプルデータを商業目的で使用することはできません。審査の結果、商業利用に問題がないと判定された場合、商業利用契約の新規締結をおこないます。


Q: コーパスから抽出したテキストをとりこんだ製品開発はできますか。

A: できません。商業利用はコーパスから得られた統計情報を利用したものに限ります。


利用許諾契約書の記入にあたって

Q: 契約書のサンプルを確認したい。

A: 以下のとおりです。

契約書:    

記入例:    

支払いについて

Q: コーパスを受け取ってから代金を支払いたいのですが。

A: 代金は前払いでお願いします。


Q: 研究室で購入しますが、会計上、後払いしかできないと言われました。

A: 立て替え払いの制度があれば、それを利用してください。それも難しければ、ご相談ください。


契約後の取り扱いについて

Q: 引っ越しのため、住所、メールアドレスなどが変わりましたが、どのような手続きをすればよいでしょうか。

A: 「中納言」にログイン後、右上のユーザー設定から変更申請をしてください。


Q: 研究成果を連絡する際の連絡先はどこですか。

A: 抜き刷り等を郵送される場合や、メールでお送りいただく場合は、下記までお送りください。
   

〒190-8561 東京都立川市緑町10-2 国立国語研究所 コーパス開発センター 書き言葉コーパス係
   kotonoha@ninjal.ac.jp


Q: 友人が論文の執筆のためにDVDをちょっと貸してほしいと言っています。貸してかまわないでしょうか。

A: 第三者に貸すことはできません。


Q: 論文にコーパスから抽出したテキストを引用することは可能ですか。

A: 可能です。ただし、コーパスから抽出したテキストそのものを論文中に引用する場合は、テキストの出典を明示するなど、適正な引用の範囲内で行ってください。


データについて

Q: DVDでは中納言よりもっと高度な検索ができますか。

A: 残念ながらDVDには検索ツールは付属しておりません(サンプルと書誌情報のみが収録されています)。検索を行う場合はご自身でプログラムを書く必要があります。


Q: DVDのデータと中納言で使われているデータは同じものでしょうか。

A: 同じものです。


Q: DVDのデータのサンプルはありますか。

A: 今のところサンプルはありませんが、データの内容については『現代日本語書き言葉均衡コーパス』利用の手引 第1.1版の第5章、第6章を参照してください。

 
 
event
unidic_bnr

日本語をはじめとする言語を分析するための基礎資料として、書き言葉や話し言葉の資料を体系的に収集し、研究用の情報を付与したものです。