国立国語研究所
 
 

室町時代編 概要 INTRODUCTION

『日本語歴史コーパス 室町時代編』として、『虎明本狂言集』形態論情報付きデータを公開しています。

室町時代編Ⅰ 狂言

狂言は室町時代から江戸時代初期にかけての極めて重要な口語資料とされています。
中でも『虎明本』は、寛永19年(1642)大蔵流十三世宗家大蔵弥太郎虎明の手による大蔵流の祖本で、質・量とも第一級の資料です。
底本とした大塚光信編(2006)『大蔵虎明能狂言集翻刻註解』(清文堂出版)は、2015年3月時点では、『虎明本』を対象とする最新の校訂本文・注釈書です。

本コーパスでは、

  • 序文・跋文等を除き、本狂言236曲*を含む脇狂言之類~萬集類の各作品を検索対象としました。
  • 本文には一部校訂を施し、本文の種別や話者の情報が付与されています。
  • すべてのテキストに読み、品詞、活用形等、形態論情報が付与されています。
利用に際しては、以下の概要書をご一読のうえ、ご利用ください。

 ● テキストの概要・凡例
 ● 形態論情報の概要

*曲数は池田廣司・北原保雄(1972)『大蔵虎明本狂言集の研究 本文編上』(表現社)による。

ご利用にあたって

本コーパスをご利用になる際は、必ず下記の情報を明記してください。(バージョンやアクセス年月日は適宜置き換えてください)

  • 国立国語研究所コーパス開発センター(市村太郎・渡辺由貴ほか)編(2016)『日本語歴史コーパス室町時代編Ⅰ狂言』(短単位 1.1 / 長単位データ 1.1,中納言バージョン 2.2.1)http://pj.ninjal.ac.jp/corpus_center/chj/muromachi.html (2016年10月26日確認)

※ バージョンかアクセス年月日のいずれかを明記すれば下記のように短縮しても構いません。

  • 国立国語研究所(2016)『日本語歴史コーパス 室町時代編Ⅰ 狂言』http://pj.ninjal.ac.jp/corpus_center/chj/muromachi.html(2016年10月26日確認)
  • 国立国語研究所(2016)『日本語歴史コーパス 室町時代編Ⅰ 狂言』(短単位データ 1.1 / 長単位データ 1.1)http://pj.ninjal.ac.jp/corpus_center/chj/muromachi.html

『日本語歴史コーパス 室町時代編』は、オンライン検索ツール「中納言」を通してご利用いただけます。ご利用には利用許諾契約契約が必要です。詳しくは利用・申込方法をご覧ください。

開発スタッフ

    開発担当者

    • 市村太郎 渡辺由貴 (プロジェクト非常勤研究員)

    開発協力者

    • 小木曽智信(准教授) 田中牧郎 (客員教授・明治大学教授)
    • 鴻野知暁 (プロジェクトPDフェロー)
    • 河瀬彰宏 村山実和子(プロジェクト非常勤研究員)
    • 堀川千晶 瀧田裕子 (技術補佐員)
    • 山田里奈 笠万裕美 大坂朋史 (作業協力者)

    共同研究者

    • 小林正行 (群馬大学准教授)

※肩書きは開発当時のものです。

このコーパスは、共同研究プロジェクト「通時コーパスの設計」 および「通時コーパスの構築と日本語史研究の新展開」の成果の一部です。

 
 
event
unidic_bnr

日本語をはじめとする言語を分析するための基礎資料として、書き言葉や話し言葉の資料を体系的に収集し、研究用の情報を付与したものです。