国立国語研究所
 
 

明治・大正編 概要 INTRODUCTION

『日本語歴史コーパス 明治・大正編』として、明治・大正時代の雑誌の形態論情報付きデータ(短単位データのみ)を公開しています。
※長単位データは付与されていません

明治・大正編Ⅰ雑誌

「明治・大正編Ⅰ雑誌」に収録した雑誌名・刊行年(巻号)は以下のとおりです。

  • 明六雑誌
      1874年(第1号‐第25号)
      1875年(第26号‐第43号)
  • 国民之友
      1887年(第1号‐第13号)
      1888年(第14号‐第36号)
  • 太陽
      1895年(第1巻第1号‐第12号)
      1901年(第7巻第1号‐第5号、第7号‐第10号、第12号‐第14号)
      1909年(第15巻第1号‐第2号、第4号‐第6号、第8号、第10号‐第14号、第16号)
      1917年(第23巻第1号‐第6号、第8号‐第10号、第12号‐第14号)
      1925年(第31巻第1号‐第5号、第7号、第9号‐第14号)
  • 女学雑誌
      1894年(第387号‐第405号)
      1895年(第406号‐第417号)
  • 女学世界  1909年(第9巻第3号、第5号、第8号、第10号、第13号、第16号)
  • 婦人倶楽部 1925年(第6巻第3号、第6号、第12号)

本コーパスはこれまで個別のコーパスとして公開されていた『明六雑誌コーパス』 『国民之友コーパス』『太陽コーパス』 『近代女性雑誌コーパス』の4コーパスのデータを整備・拡張し、 一つのコーパスに統合したものです。明治・大正時代の書き言葉を広く見渡し、年代ごとの変遷をたどれるように、 各年代を代表する雑誌から一定の年数ごとの刊行分を収録しています。

概要書・解説書・規程集

コーパスのテキストには、短単位形態論情報をはじめとして、テキスト種類・雑誌・記事・作者等に関する情報が付与されており、コーパス検索アプリケーション「中納言」の検索結果から参照することができます。
利用に際しては、以下の本コーパスの概要書をご一読のうえ、ご利用ください。

本コーパスの前身である4コーパスの仕様の詳細は以下のページからご参照ください。

本コーパスの短単位形態論情報は文語・口語の文体別に以下の規程集に基づいて付与されています。
利用に際しては、規程集もご一読のうえ、ご利用ください。

雑誌の原本画像とのリンク

「中納言」によるコーパスの検索結果では、以下の雑誌の原本画像とのリンクが表示され、原本を参照しながらコーパスを利用することができます。(『女学雑誌』『女学世界』『婦人倶楽部』の原本画像の参照はできません。ご注意ください。)

ご利用にあたって

本コーパスをご利用になる際は、必ず下記の情報を明記してください。(バージョンやアクセス年月日は適宜置き換えてください)

  • 国立国語研究所コーパス開発センター(近藤明日子・間淵洋子・服部紀子ほか)編(2017)『日本語歴史コーパス明治・大正編Ⅰ雑誌』(短単位データバージョン 1.1,中納言バージョン 2.2.2)http://pj.ninjal.ac.jp/corpus_center/chj/meiji_taisho.html(2017年3月22日確認)

※ バージョンかアクセス年月日のいずれかを明記すれば下記のように短縮しても構いません。

  • 国立国語研究所(2017)『日本語歴史コーパス 明治・大正編Ⅰ雑誌』http://pj.ninjal.ac.jp/corpus_center/chj/meiji_taisho.html(2017年3月22日確認)
  • 国立国語研究所(2017)『日本語歴史コーパス 明治・大正編Ⅰ雑誌』(短単位データ 1.1)http://pj.ninjal.ac.jp/corpus_center/chj/meiji_taisho.html

『日本語歴史コーパス 明治・大正編』は、オンライン検索ツール「中納言」を通してご利用いただけます。ご利用には利用許諾契約契約が必要です。詳しくは利用・申込方法をご覧ください。

開発スタッフ

    開発担当者
    • 近藤明日子 間淵洋子 服部紀子 (プロジェクト非常勤研究員)
    開発協力者
    • 小木曽智信 (准教授)  田中牧郎 (客員教授・明治大学教授)
    • 鴻野知暁 (プロジェクトPDフェロー)
    • 木川あづさ 中野淳子 若狭絢 (技術補佐員)
    • 梅田明日香 小川志乃 加藤文明子 高橋雄太 (作業協力者)
    

※ 肩書きは開発当時のものです。

このコーパスは、共同研究プロジェクト「通時コーパスの設計」 および「通時コーパスの構築と日本語史研究の新展開」の成果の一部です。

 
 
event
unidic_bnr

日本語をはじめとする言語を分析するための基礎資料として、書き言葉や話し言葉の資料を体系的に収集し、研究用の情報を付与したものです。