「病院の言葉」を分かりやすくする提案

病院で使われている言葉を分かりやすく言い換えたり説明したりする 具体的な工夫について提案します。

設立趣意書

「病院の言葉」を分かりやすくする提案

国立国語研究所「病院の言葉」委員会  平成21年3月

 国立国語研究所は,国民の言語生活の実態をとらえ,そこに問題が生じていれば,改善に向けてどのような工夫を行えばよいか,提案しています。
 医療の分野では,患者中心の医療の考え方が広まり,医療者は十分に説明をし,患者は説明を理解し納得した上で,自らの医療を選ぶことが求められています。ところが,医療者の説明に出てくる言葉が分かりにくいことが,患者の理解と判断の障害になっています。
 この問題を改善するために,国立国語研究所は「病院の言葉」委員会を設置し,「病院の言葉」の分かりにくさの原因を探り,分かりやすく伝えるための工夫を,医療者に対して提案しました。
 病院の言葉の分かりにくさには,いくつかの類型があります。各類型を代表できる言葉57語を取り上げ,分かりやすく伝える例を,詳しく示しました。

まえがき

Ⅰ.「病院の言葉」を分かりやすくする提案を行う目的

Ⅱ.「病院の言葉」を分かりやすくする工夫の類型

「病院の言葉」を分かりやすくする工夫の類型の図

Ⅲ.類型別の工夫例

類型A 日常語で言い換える

1.イレウス  2.エビデンス  3.寛解  4.誤嚥  5.重篤  6.浸潤  7.生検  8.せん妄  9.耐性  10.予後  11.ADL  12.COPD  13.MRSA

類型B 明確に説明する

B-(1) 正しい意味を
 14.インスリン  15.ウイルス  16.炎症  17.介護老人保健施設  18.潰瘍  19.グループホーム  20.膠原病  21.腫瘍  22.腫瘍マーカー  23.腎不全  24.ステロイド  25.対症療法  26.頓服  27.敗血症  28.メタボリックシンドローム
B-(2) もう一歩踏み込んで
 29.悪性腫瘍  30.うっ血  31.うつ病  32.黄だん  33.化学療法  34.肝硬変  35.既往歴  36.抗体  37.ぜん息  38.尊厳死  39.治験  40.糖尿病  41.動脈硬化  42.熱中症  43.脳死  44.副作用  45.ポリープ
B-(3) 混同を避けて
 46.合併症  47.ショック  48.貧血

類型C 重要で新しい概念の普及を図る

<信頼と安心の医療>
49.インフォームドコンセント 50.セカンドオピニオン 51.ガイドライン 52.クリニカルパス
<ふだんの生活を大事にする医療>
53.QOL 54.緩和ケア 55.プライマリーケア
<新しい医療機械>
56.MRI  57.PET

Ⅳ.検討の経過

Ⅴ.中間報告に寄せられた意見

Ⅵ.資料

索引(複合語・関連語を含む)
検索ボタン

提案の背景となった調査のページはこちら
 

提案(最終報告)印刷用PDF

国立国語研究所「病院の言葉」委員会は,平成19年10月から平成21年3月まで活動を行いました。現在は解散していますが,お問い合わせ等は,こちらにお願いいたします。

引用・リンク・複製について

  • 本ページの「病院の言葉」にかかわる各種資料の著作権は,国立国語研究所が保有します。
  • 引用する場合は,必ず出典を明記してください。御連絡の必要はありません。
     出典表示の例:
      国立国語研究所「『病院の言葉』を分かりやすくする提案」
      国立国語研究所「病院の言葉」委員会
  • 複製またはリンクをする場合,行政・教育・研修・学術を目的とする場合や,医療機関内部で利用する場合は,御連絡の必要はありません。商用目的での利用の場合は,必ず事前に下記まで御連絡ください。所定の手続きをお願いしております。
      電話番号 042-540-4385(国立国語研究所 管理部 財務課)
©2008 The National Institute for Japanese Language