• ホーム » 50音別 » からから
からから

<どう使う?> 

 
       
 
1.
のどがかわいて、からからだ。
 
 
 
 
2.
洗濯物がからからに乾いた。
 
 
 
 
3.
からから天気の日が続く。
 
 
 
 
4.
財布の中はいつもからからだ。
 
 
 
 
5.
缶をふると、からから音がする。
 
 
 
 
6.
からからと笑う声が聞こえる。
 
 
  ⇒笑うようすのことば
 
   
   くすくす・けらけら・げらげらころころにこにこ・にっこり・
   にたにた・にやにや・にやっと・にやり・にっと    など 
 
     
       

文例 

       
 
1.
暑い日に、外でテニスの練習をしたので、のどがからからだ。冷たい水かジュースを飲みたい。
 
 
 
     
       
 
 
 
2.
今日はとてもいい天気なので、朝9時ごろに干した洗濯物が、お昼すぎにはもうからからに乾いてしまった。
 
 
 
 
 
       
 
 
 
3.

今年の夏は雨が少なく、毎日からから天気の日が続いている。ダムの水もどんどん減っていて、水不足が心配だ。

 
 
 
 
 
       
 
 
 
4.
学生のとき、アルバイトをして給料をもらってもすぐ使ってしまった。だから財布の中はいつもからからだった。
 
 
 
 
 
       
 
 
 
5.

テーブルの上にあったきれいな缶をふったら、中でからからと音がした。缶を開けてみると、中にキャンディが一つだけ入っていた。

 
 
 
 
 
       
 
 
 
6.
授業中、先生がとてもおもしろい冗談を言ったので、男の学生たちがからからと笑った。
 
 
 
 
 
     
       

<会話を読んでみよう> 

       
 
1)
[スポーツ大会で] A:若い女性  B:Aの友人(男性)
 
 
 
 
A: 今日ほんと暑いねえ。この試合、何時までだっけ?
B: えーと、2時半までかな?でも、次の試合も見てから帰ろだろう?
A: そうね。でもわたし、さっきから何も飲んでないからもうのどがからからなんだ。
B: じゃ、何か冷たい飲み物でも買ってこようか。
A: うん、お願い。
 
 
 
 
2)
[お祭りで]A:4歳ぐらいの男の子  B:父親
 
 
 
 
A: ねえ、お父さん、あのからからって鳴ってるの、何?
B: あ、あれは風車っていって、風がふくとくるくる回るんだよ。
A: おもしろいね。ぼく、ほしいなあ。
B: そうか。じゃ、一つ買ってやろう。
 
 
 
 
3)
[農家で] A:農家の主人  B:妻
 
 
 
 
A: 今日も雲ひとつないからから天気かあ。
B: ほんとに。こう毎日晴ればかり続くと、畑がからからになっちゃいますね。
A: ああ、少しは雨が降ってくれないと困るよ。
 
     
       

まんがを読もう! 

       
 
1.