• ホーム » 50音別 » げらげら
げらげら

<どう使う?> 

       
 
1.
漫画を読んでげらげら笑っている。
 
 
 
 
2.
げらげら笑いすぎてお腹が痛くなった。
 
 
 
 
3.
人の失敗をげらげらと笑うのは失礼だ。
 
 
 
 
 ⇒「笑う」ようすのいろいろ
 
 
  からから・くすくす・けらけら・ころころにこにこ・にたにた・にやにや 
 
       

<文例> 

       
 
1.
小学生の息子は漫画が大好きだ。いつも学校から帰ってくるとすぐ漫画を読み始めて、大きな声でげらげらと笑っている。本当は、漫画でなく本を読んでほしいのだが・・・。
 
 
 
     
       
 
 
 
2.
きのうテレビでとても面白い番組をやっていた。おかしくてお腹をかかえてげらげら笑ったら、本当にお腹が痛くなってしまった。
 
 
 
 
 
       
 
 
 
3.
小学校のとき、先生が教室の入り口ですべってころんだことがあった。先生がころんだ格好がとてもおかしかったので、みんなげらげら笑ってしまった。
 
 
 
 
 
       
     
       

<会話を読んでみよう> 

       
 
1)
[家で夫がテレビを見ている] A:妻 B:夫
 
 
 
 
A: ちょっと、さっきから何をそんなにげらげら笑ってるの。
B: いやあ、おかしいんだって、この番組。お前も見てみろよ。
A: どうせばかばかしい内容なんでしょ。
B: くだらないけど、ほんと面白いよ。久しぶりに大笑いしたら、なんだかすっきりした。
 
 
 
 
2)
[スキー場で] A:小学生 B:母親    
 
 
 
 
A: あ、お母さん、見て。あの人、転んじゃったよ。なんか、おかしい。
B: スキー、初めてなんでしょう。そんなげらげら笑ったら失礼よ。やめなさい。
A: だって、ほんとにおかしいんだもん。わー、また転んだよ。
 
 
 
     
       

<まんがを読もう!> 

       
 
1.
 
 
2.
 
3.