• ホーム » 50音別 » どんどん
どんどん

<どう使う?> 

       
 
1.
ドアをどんどんとたたく音がする。
 
 
 
 
2.
祭りの太鼓をどんどんたたく。
 
 
 
 
3.
日本語がどんどん上手になる。
 
 
 
 
4.
駅前にマンションがどんどん建つ。
 
 
 
 
5.
ジャングルの中をどんどん進む。
 
 
 
     
       

文例 

       
 
1.
夜中に、玄関の戸をどんどんとたたく音が聞こえて、目が覚めた。
 
 
 
   

<もっとくわしく>

 
       
 
2.
もうすぐ秋祭りが始まるので、村の人たちは、毎日太鼓をどんどんたたいて練習している。
 
 
 
   

<もっとくわしく>

 
     
 
 
 
3.
日本語の勉強を始めてすぐ、日本人の友達ができた。毎日その友達と日本語だけで話していたら、日本語がどんどん上手になってきた。
 
 
 
 
 
       
 
 
 
4.
駅前の空き地は長い間何もなかったけれど、今年になって急に新しいマンションがどんどん建ち始めた。
 
 
 
 
 
       
 
 
 
5.
その若い冒険家は、危険なジャングルの中をどんどん奥へ進んでいった。そして、今までだれも発見することのできなかった古い遺跡を、ついに発見した。 。
 
 
 
 
 
     
       

<会話を読んでみよう> 

       
 
1)

[子供たちの寝室で。夜中の1時ごろ] A:弟 B:兄

 
 
 
 
A:

ねえ、お兄ちゃん。なんか下でどんどんって音がするよ。何の音?

B: えー?・・・あ、ほんとだ。玄関のドアをたたいてる音だよ。だれだろう?今ごろ。
A: こわいよー。どろぼうが来たのかなあ。
B: ばかっ!どろぼうがドアをどんどんたたくわけないだろ!お父さん、起こしてくるから、お前、ここで待ってろ。
 
 
 
 
2)

[日本語学校の教室で] A:教師 B:学生

 
 
 
 
A:

リーさんは、このごろ日本語がずいぶん話せるようになりましたね。何か特別に練習してるんですか。

B: あ、いえ、日本人の友達がいて、毎日その人と話してるんです。
A:

そうですか。それはいいことですね。そうやって、日本人とたくさん話していれば、どんどん上手になりますね。みなさんも、学校の外で日本人とどんどん話すようにしましょうね。

 
 
 
 
3)

[駅前のコーヒーショップで] A:お客(サラリーマン) B:店長

 
 
 
 
A:

すごいですね。あそこにまた、新しいマンション建ててますね。

B: そうなんですよ。今年になって、これで3つ目ですよ。不景気だっていうのに、マンションこんなにどんどん建てて売れるんですかねえ。
A: まあ、ここは都心にも近いし、おしゃれな街だっていうことで、若い夫婦にはすごい人気があるらしいですよ。
 
     
       

まんがを読もう! 

       
 
1.
 
 
2.